思春期ニキビ

MENU

思春期のニキビは脂性肌の証?!

脂っぽくてベタベタ、髪の毛が肌に張り付く、Tゾーンだけじゃなくて顔全体がいつもテカテカ。

 

あなたがもし20代以上なら、これは立派な脂性肌です。

 

「そう言えば思春期の頃もニキビに悩まされたし…」
そう昔を懐かしむ(?)方もいるでしょう。

 

ですが逆に、思春期の今ニキビに悩んでいるからと言って将来脂性肌になるとは限らないのです。

肌質判断は思春期を過ぎてから!

 

人間それぞれ生まれ持った肌質があって、おおまかに「乾燥肌」「普通肌」「脂性肌」などと分類されています。

 

乾燥肌なら保湿重視のスキンケア、普通肌ならトータルバランスを考えたスキンケア、と言うように化粧品選びの一つの目安となるもの。

 

ですが、何年も使っていた化粧品が突然肌に合わなくなったり、肌質が変わった気がする…なんて事、二十歳を超えた女性だってよくあります。

 

思春期のような体の成長過程では、肌質どころか身長や体重だってぐんぐん変わります。
今、ニキビに悩んでいるからと言って、将来ひどい脂性肌で悩むと決まったわけではありません。
思春期は皮脂量も多く、また新陳代謝が活発なので発汗も多くベタベタ。
それで当たり前なのです。

 

たまに、

  • 「私は脂性肌」

と思いこんで、さっぱりタイプのスキンケア用品をいつまでも使い続けている方がいますがこれは思春期の名残なのでしょう。
皮脂の取りすぎもまた皮脂を過剰分泌させてしまいます。

 

思春期が過ぎてニキビがひと段落したら、一度自分の肌質を調べてみるのもいいかもしれませんね。